キクラゲ きくらげ 木耳

キクラゲの概要

名前 キクラゲ
漢字 木耳
別名(例) 黒キクラゲ

キクラゲは古くから日本に自生するキノコで、味はほとんどありませんがゼリー質のコリコリとした食感がします。
耳のような形をしていることや加熱するとクラゲのような食感がすることから「木耳(キクラゲ)」と名付けられたとされています。

乾燥したものの流通が多いですが、その大半はアラゲキクラゲなので注意が必要です。
近年は生のキクラゲも流通するようになっています。
大半が菌床栽培されたもので、天然物は日本各地に自生していますがほとんど流通していません。

選び方のポイント

生のキクラゲは乾燥させて戻したものよりも弾力があるため、旬の時期は生のキクラゲを選ぶと良いでしょう。
薄く白いものが付着していることがありますが、キクラゲから出てきた胞子なので気にする必要はありません。

乾燥させたキクラゲは保存性に優れているので通年で流通しています。

食べ方・調理のポイント

キノコを洗うと風味が落ちると言われていますが、キクラゲは元々味がないこともあり洗っても変わりません。
しっかりと洗ってから調理します。
乾燥させたキクラゲは水で戻してから調理します。

キクラゲの石突きは収穫の際に付いてくるおが屑なので石突きを切り取ります。
また、キクラゲはアラゲキクラゲと比べて食感が強すぎないため大き目に切っても美味しく食べられます。

基本的にキノコは生では食べられないので加熱します。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫、又は冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 2週間程度

パックのまま冷蔵庫、又は野菜室に保存します。
パックを開けてしまった場合や水滴が付いている場合は、水滴を拭いてからポリ袋等に入れて保存します。

キクラゲの旬

キクラゲは夏~初秋の熱い時期が旬となります。
アラゲキクラゲに比べると低い温度で栽培できることから、アラゲキクラゲより少し早い時期から収穫できます。
菌床栽培されたものは通年で流通しています。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
キクラゲ/天然・原木栽培
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キクラゲ/菌床栽培
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キクラゲの栄養

キクラゲの栄養成分は乾キクラゲのみで、残念ながら生の成分値はありません。
そのため、水戻し後の栄養成分は「ゆで」の「調理後重量」を見る必要があります。

栄養成分は不溶性の食物繊維とビタミンDが突出して多く含まれています。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

キクラゲの産地

産地情報はキクラゲ類全体を示しています。
キクラゲ単体の産地情報はありません。

食材を選択

  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響 無し
窒素影響 無し
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

キノコには農薬や窒素残留の心配はありません。