エリンギ

エリンギの概要

エリンギはヒラタケの仲間で、味はあまりないのですが表面のツルっとした滑らかさと、コリコリした食感が特徴のキノコです。
エリンギウム・カンペストレという植物が枯死した根布を培地として自生することから「エリンギ」と名付けられたとされています。

イタリアやフランス等の地中海沿岸に自生しており、日本では菌床栽培されたもののみが流通しています。
日本で流通するエリンギは茎(柄の部分)が太くなるように品種改良されています。

選び方のポイント

エリンギは大きさが異なるものが抱き合わせ?のように売られていることがありますが味の違いはありません。
ただ、食感を楽しみたい場合は大きいものを選ぶと良いでしょう。
袋に水滴が付いているものは保存期間が短くなるので避けましょう。

なお、白いカビのようなものが表面に付着しいていることがありますが、気中菌糸(きちゅうきんし)と言うキノコの一部なので食べられます。

食べ方・調理のポイント

キノコを洗うと風味が落ち、菌床栽培のキノコは洗う必要がないと言われています。
しかし、稀にゴミ等が付着しているので濡れ布巾で表面を拭くか、サッと洗うに留めます。
洗う場合は3~4%の塩水を使うと水分が含まれるのを防止する効果があります。

エリンギは手で裂くと味がしみ込みやすくなり、包丁で切るとアワビに似た食感になります。

キノコは生では食べられないので必ず加熱します。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫、又は冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 5日程度

パックのまま冷蔵庫、又は野菜室に保存します。
パックを開けてしまった場合や水滴が付いている場合は、水滴を拭いてからポリ袋等に入れて保存します。

エリンギの旬

日本で流通するエリンギはすべて菌床栽培であるため旬はありません。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
エリンギ/菌床栽培
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

エリンギの栄養

エリンギはビタミンD、ナイアシン、葉酸、パントテン酸を多く含んでいます。
特にビタミンDはキノコの中で上位に入ります。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

エリンギの産地

エリンギは長野県と新潟県が多いですが、殆どが菌床栽培であるため地域性と言うより特定の会社の工場の都合のようです。

食材名

エリンギ
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響 無し
窒素影響 無し
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

キノコには農薬や窒素残留の心配はありません。