トキイロヒラタケ ときいろひらたけ 朱鷺色平茸

トキイロヒラタケの概要

名前 トキイロヒラタケ
漢字 朱鷺色平茸

トキイロヒラタケはヒラタケの仲間で綺麗なピンク色をしたキノコです。
朱鷺(とき)の羽の色に似ていることから「朱鷺色平茸(トキイロヒラタケ)」と名付けられたとされています。
ただ、成長が進むと色は白くなり、繊維質になるため食用には適さなくなります。

味がしっかりしていますが、価格が高めで生産量が少ないキノコです。

選び方のポイント

トキイロヒラタケはピンク色が鮮やかなものを選びます。
古くなる等で色がくすんだ物が売られていることも多く、繊維質で美味しくありません。

袋に水滴が付いているものは保存期間が短くなるので避けましょう。

食べ方・調理のポイント

キノコを洗うと風味が落ち、菌床栽培のキノコは洗う必要がないと言われています。
しかし、稀にゴミ等が付着しているので濡れ布巾で表面を拭くか、サッと洗うに留めます。
洗う場合は3~4%の塩水を使うと水分が含まれるのを防止する効果があります。

キノコは生では食べられないので必ず加熱します。
トキイロヒラタケは煮る(ゆでる)とダシが良くでますが、色もかなり抜けてしまいます。
ただ、冷水で冷やすとピンク色は戻ります。
炒めたり軽く揚げるに留めると色をしっかり残せて料理の彩りが良くなります。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫
保存日数(目安) 2~3日程度

パックのままヒダ(裏側)を上にして冷蔵庫に保存します。
野菜室でも構いませんが、温度が高いため冷蔵庫より保存期間が短くなります。

パックを開けてしまった場合や水滴が付いている場合は、水滴を拭いてからポリ袋等に入れて保存します。
その際、ボロっと欠けやすいので優しく扱いましょう。

トキイロヒラタケの旬

トキイロヒラタケは夏の暑い時期のキノコです。
通年で菌床栽培されているようですが、生産量そのものが少ないためあまり流通していません。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
トキイロヒラタケ/天然・原木栽培
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トキイロヒラタケ/菌床栽培
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トキイロヒラタケの産地

トキイロヒラタケは生産量が極めて少なく、一部の地域で栽培されるに留まります。

食材名

トキイロヒラタケ
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響 無し
窒素影響 無し
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

キノコには農薬や窒素残留の心配はありません。