ナガイモ ながいも 長芋

ナガイモの概要

名前 ナガイモ
漢字 長芋
別名(例) 山芋(ヤマイモ)

ナガイモはヤマノイモの一種で、肥大化した根を食べます。
棒状の形をしていることから「長芋(ながいも)」と呼ばれています。

ナガイモはヤマノイモの中ではヌメリが少なく水分量が多いことから味もアッサリしています。
最近はヌメリの強い品種も出てきています。

食べ方・調理のポイント

ヒゲ根はコンロ等で火で焼いて取り除きます(多少残っても構いません)。
皮も食べられますが、食感や色が気になる場合は剥いてしまいます。

芋には珍しく生で食べられ、ナガイモはサクサクした食感が楽しめます。
ヌメリや旨みが他のヤマノイモに比べて少ないためトロロにすると物足りない感じがしますが、出汁等で伸ばす必要がないのが利点です。
加熱するとネバネバは失われますが、柔らかい食感が楽しめます。

なお、芋に含まれるシュウ酸カルシウムは皮膚に触れると痒くなり、かぶれることもあります。
ゴム手袋をするか酢水を手に付けながら作業するとカユくなりにくいです。

保存のポイント

保存場所 丸ごと(通常):常温(冷暗所)
丸ごと(夏):冷蔵庫(野菜室)
カット:冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 丸ごと:1ヶ月程度
カット:1週間程度

丸ごとの場合は紙袋等に入れて常温(冷暗所)に保存します。
カットされたものは冷蔵庫(野菜室)に保存します。

25℃を超える場合は冷蔵庫(野菜室)に保存します。
すり下ろしたり切った場合は冷蔵庫(野菜室)に保存します。

カットされているものは断面が黒くなることがありますが、酢水につけるか、ラップで断面を覆って空気を遮断すると酸化を抑えて白く保つことができます。

ヤマノイモの種類と呼び名

ヤマノイモは大きく三つの種に分かれます。

  • 自然薯(じねんじょ)
  • 長芋(ながいも)
  • 大薯(だいじょ)

ジネンジョは日本の在来品種で、ナガイモは中国が原産の異なる品種です。

ナガイモは更に三つの品種群に分かれます。

  • ナガイモ群
  • イチョウイモ群(ヤマトイモ)
  • ヤマトイモ群(ツクネイモ)

「イチョウイモ」と呼ぶ場合は「ナガイモ/イチョウイモ群」を指します。
また、ヤマトイモとイチョウイモは呼び方が地域によって異なり混同されています。

ヤマノイモのことを山芋(ヤマイモ)と呼ぶことがあり、明確な定義はないようです。
ただ、次のように使い分けることがあります。

  • 栽培物をヤマイモ、天然物をヤマノイモ
  • ナガイモ(ナガイモ群、イチョウイモ群、ヤマトイモ群)をヤマイモ、ジネンジョをヤマノイモ

ちなみに、ダイジョも九州の一部地域でツクネイモと呼びます。
ややこしいですね。

ナガイモの旬

ナガイモは冷蔵貯蔵されたものが通年で流通しています。
また、疲労回復に効果があるとされているため夏に多く流通します。

しかし、旬という意味では雪が降る前に収穫する秋掘りと、そのまま畑の中に貯蔵しておき雪解け後に収穫する春掘りがあります。
春掘りは青森県では4~5月で、雪解けの早い地域では3月から降り起こします。
秋掘りはみずみずしく、春掘りは熟成が進み味が良くなります。

なお、北海道のような寒い地域では貯蔵ができないため寒くなる前にすべて収穫してしまいす。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
ナガイモ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナガイモ/貯蔵物
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ナガイモの栄養

ナガイモは水分が多いこともあり、ヤマイモの中えでは栄養価が総じて低く、パントテン酸、カリウム、銅を少し多く含んでいます。
しかし、粘りが少ないことから出汁で伸ばす必要がなく、その意味では他のヤマイモと同程度の栄養の摂取が期待できると考えて良いでしょう。

なお、ヤマイモは他の芋と違って生で食べられるので加熱による栄養価の損失を少なくできます。
皮にも栄養があるので、できれば皮ごと食べると良いでしょう。
また、成分値には表れていませんが、ヌメリ成分である「ムチン」はタンパク質の吸収を高め、疲労回復効果があると言われています。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

ナガイモの産地

1年で収穫でき、栽培も容易なためヤマノイモの中でナガイモが最も多く栽培されています。
寒い地域でも栽培できることから北海道と青森県で多く栽培されています。

食材名

ナガイモ
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
有機推奨

芋は地下で育つため農薬の心配は少ないです。

窒素残留のヤマトイモは東京都のデータなのでイチョウイモのことだと思われます。
窒素肥料の散布量を考えるとナガイモも同様に残留が多いと考えられます。
ナガイモは出汁で伸ばさずに摂取量が多くなるので窒素影響は「大」とし、有機栽培(オーガニック)等でない限り大量には食べない方が良いでしょう。

  • ヤマノイモの慣行レベルでナガイモを栽培している都道府県もあります。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
ナガイモ11.934.414都道府県
ヤマノイモ13.530.819都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
ヤマトイモ東京都健康安全研究センター 2007年92
ヤマイモ国立医薬品食品衛生研究所 1989年2
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています