未成熟ソラマメ 未成熟そらまめ 未成熟空豆

未成熟ソラマメの概要

名前 未成熟ソラマメ
漢字 未成熟空豆
未成熟蚕豆
別名(例) 四月豆(シガツマメ)
夏豆(ナツマメ)
野良豆(ノラマメ)
天豆(テンマメ)
雪割豆(ユキワリマメ)

未成熟ソラマメはソラマメを若取りしたもので、主に未成熟な実を野菜として食べます。
未成熟といっても、サヤエンドウ等に比べて実が大きく成長しているため甘みが強く、ふっくらしています。

ソラマメはサヤが空に向いて育つことから「空豆(そらまめ)」と呼ばれるようになりました。
他にもサヤの形が「蚕(かいこ)」に似ていることから「蚕豆」の字が当てられることもあります。

ソラマメは成熟した豆としても利用されますが、「ソラマメ」と書いてあるものは通常は未成熟なソラマメを指します。
紛らわしいので最近は「未成熟ソラマメ」と表記を統一する動きがあります。

選び方のポイント

未成熟ソラマメ

ソラマメは基本的にはサヤごと売られているものを選びます。
サヤに対して実の割合は1/4程度となります(実が100g必要な場合はサヤでは400g必要)。
旬は3日と言われるほどに鮮度落ちが早い食材であり、実が取り出されていると劣化が更に早くなります。

また、ソラマメには食感がシットリしたものと、ホクホクしたものがあります。
この違いは豆の成熟度によるもので、成熟度が低い状態で収穫するとシットリした食感に、成熟度が高くなるまで待ってから収穫するとホクホクした食感となります。

見分け方ですが、サヤごと売られている場合は、サヤの側面の筋が黒くサヤが全体的に茶色っぽいものがホクホクしており、逆に緑色のものがシットリしています。
豆のみの場合は、豆の側面のサヤとの接合部(へその緒)が黒いものがホクホクしており、逆に緑色の小さめのものがシットリしています。

食べ方・調理のポイント

ソラマメは調理する直前にサヤから実を取り出します。

茹でて食べることが多いですが、調理する場合でも下茹でしてから使用します。
茹で時間はシットリした食感のソラマメ(成熟度低)は2分程度、ホクホクした食感のソラマメ(成熟度高)は3分程度が目安となります。

長時間加熱すると食感が損なわれるので、調理する場合は最後に入れる等、加熱時間を調整します。
豆ごはん等にする場合、見た目は悪いですが薄皮は取らない方が豆に甘味が残ります。

同様の考え方として、ソラマメは薄皮を取って食べる人と、取らないで食べる人が分かれます。
薄皮がない方が食べた際の食感は良いですが、薄皮に甘みがあるためソラマメの味を強く感じることができます。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 3日程度

ポリ袋等に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫(野菜室)に保存します。

風味が直ぐに落ちるので、できれば購入当日に食べると良いでしょう。

ソラマメの茹で方

ソラマメを茹でる方法は、大きく二つあります。
実だけ茹でる方が食べるときに薄皮が剥きやすく塩味も染み込みやすいですが、サヤごと茹でた方がソラマメ本来の味がします。

【実だけ茹でる方法】

  1. 調理する直前にサヤから実を取り出す
  2. 好みで側面のサヤとの接合部(へその緒)に切れ込みを2cm程度入れる(皮を剥きやすくなる代わりに、少し水っぽくなります)
  3. 2%の塩水を沸騰させ、ソラマメを入れて2分~3分程度茹でる

【サヤごと茹でる方法】

  1. サヤの両端を切り落とす(中が見えるくらいしっかり切る)
  2. 4%の塩水を沸騰させ、ソラマメをサヤごと入れて3分30秒~5分程度茹でる
  3. 実を取り出す
  • 冷やして食べる場合は冷水にはつけずに、うちわ等で冷やします(粗熱を取る)
  • 外側の皮は剥いて食べますが、中の薄皮はそのまま食べられます
  • 茹でる際に青臭さを抑えるために酒を入れても構いません

未成熟ソラマメの旬

未成熟ソラマメは温暖な地域(鹿児島産等)は3~4月頃の流通が多く、その他は4~6月頃に流通します。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
未成熟ソラマメ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

未成熟ソラマメの栄養

ソラマメはビタミン・ミネラルに優れた素晴らしい野菜です。
特に、タンパク質、ビタミンB1、鉄、亜鉛、銅、モリブデンは野菜の中ではソラマメ・エダマメ・グリンピース等の未成熟の豆に共通して多く含まれています。
また、茹でた際にビタミンCの流出が少ない点にも特徴があります。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

未成熟ソラマメの産地

未成熟ソラマメは鹿児島県と千葉県の生産量が多くなっています。

食材名

未成熟ソラマメ
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響 無し
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

ソラマメは農薬の使用が少なく、サヤに包まれていることもあり農薬の心配は少ないです。
また、実野菜であることから窒素残留もほとんどない安全な野菜です。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
未成熟ソラマメ10.817.927都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
未成熟ソラマメ/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
ソラマメ 東京都健康安全研究センター 2007年5
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています