ミニキャロット

ミニキャロットの概要

名前 ミニキャロット
別名(例) ベビーキャロット

ミニキャロットは成長途中の小さいニンジンというわけではなく、西洋ニンジンの一種で小さい品種のニンジンです。
一般的なニンジン(5寸人参)には香草のような独特の香りがあるため苦手な人もいますが、ミニキャロットは香りが穏やかで柔らかく食べやすくなっています。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 胚軸(除湿あり):2週間程度
胚軸(除湿あり):1週間程度

ニンジンは葉つきの場合は葉から水分が奪われるので胚軸(根)と葉を切り離します。

胚軸(根)は湿気に弱いため、湿気をふき取った後にティッシュや新聞紙等にくるんでポリ袋等に入れ、冷蔵庫(野菜室)に立てて保存します。
5℃以下で保存できるのであれば、冬は常温(冷暗所)でも保存できます。
泥つきの場合は洗わずにそのまま保存します。
購入時のビニール袋のままでも保存できますが、保存期間は短くなります。

葉は水を含ませたポリ袋等に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫(野菜室)に保存します。

なお、冷凍保存は解凍した際にグニュグニュになるのでお勧めしません。

ミニキャロットの栄養

ミニキャロットはニンジンに比べて栄養価が少し低いですが、それでもビタミンAは十分な量の摂取が期待できます。

表示条件

食材名

ミニキャロット/生

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年