カリフラワー

カリフラワーの概要

名前 カリフラワー
別名(例) 花甘藍(ハナカンラン)
花椰菜(ハナヤサイ)

カリフラワーはケールの花蕾(からい)が大きくなるように改良された野菜です。
主に蕾(つぼみ)の集合体である花蕾(からい)が開花する前のものや茎を食べます。

癖のない淡泊な味と独特の歯ごたえが特徴で、世界中で広く用いられています。
日本では白色が主流ですが、様々な色のカリフラワーがあります。

以前は白い野菜の珍しさから人気がありましたが、近年は近縁種のブロッコリー人気に押されているのが実情です。
しかし、ブロッコリーと違って青臭さがなく、調理法を改善することで実は美味しく食べられる野菜です。

選び方のポイント

花蕾(からい)全体が白い(同じ色)で、花蕾が硬くしまっているものを選びます。

カリフラワーは葉が付いたま出荷されることが一般的です。
これは輸送中に他のカリフラワーと接触するのを防ぐ意味があります。
輸送中に他のカリフラワーと直接接触してこすれると花蕾が傷んで茶色く変色してしまいます。

また、貯蔵日数が長くなると花蕾に隙間ができてきます。

食べ方・調理のポイント

洗いにくい食材なので小房に分け、ボウルに貯めた水に入れて洗います。
水に20分程度つけておくと潜んでいる虫が出てくることがあります。
なお、花蕾(からい)の一部が茶色く変色している場合は茶色い部分を取り除けば他の部分は食べることができます。

味と食感を活かすにはカリフラワーは「生」で食べることをお勧めします。
生だと食感が強すぎると感じる場合は30秒~1分程度加熱すると食感が柔らかくなります。
日本でカリフラワーの人気がないのは調理法に問題があることも一因です。
加熱時間が長いとボソボソとした食感になって美味しくありません。

カリフラワーは芯も食べられ、芯は固いのでしっかり火を通します。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 3日程度

ポリ袋等に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫(野菜室)に保存します。

長期間保存すると蕾(つぼみ)が開いて味が落ちてしまうので早目に食べましょう。

カリフラワーの軟白化

日本では白色の品種が一般的ですが、本来は黄色がかっているものを日光に当てないようにして軟白化したものを収穫しています。
これは白色でないと流通価格が下がってしまうためです。

色に拘りを持つ生産者もいるので一概に悪いとは言いません。
しかし、カリフラワーがブロッコリーに比べて生産量が少ない原因の一つに、花蕾の軟白化のために外葉を折ってかぶせる手間が挙げられ、生産者に敬遠される要因となっています。

現在は紫や橙色等のカラフルな品種が広がってきており、これらに軟白化は必要ありません。
また、白品種も軟白化しなくても味は変わりません。

このため、本来はカリフラワーの色に拘わる必要はありません。

カリフラワーの旬

品種や地域を使い分けて通年で流通していますが、冬が最も美味しい季節です。
早い地域では10月頃から収穫が始まります。
また、5月頃まで多く流通しています。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
カリフラワー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カリフラワーの栄養

栄養価は近縁種のブロッコリーの方が優れていると言われます。
しかし、カリフラワーはブロッコリーと違って生で食べられ、生の方が美味しいのです。

そのため、茹でたブロッコリーと生のカリフラワーを比較すると、実際にはカリフラワーの方が多くのビタミンCを摂取できます。
同様に生食で考えれば、カリウム・ビタミンB6等はカリフラワーの方が優れていることになり、全体的にブロッコリーに劣るものではありません。

積極的に「生」のカリフラワーを食べると良いでしょう。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

カリフラワーの産地

カリフラワーはブロッコリーと同じ仲間ですが、白色化の手間がかかることや、近縁種のブロッコリー人気に押されて生産量は大きく水をあけられています。

食材名

カリフラワー
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
有機推奨

カリフラワーは葉に覆われているので花蕾(からい)への農薬の心配は少ないです。
ただ、窒素残留は多めなので有機栽培(オーガニック)等でない限り大量には食べない方が良いでしょう。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
カリフラワー1227.828都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
カリフラワー/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年Tr
カリフラワー/ゆで日本食品標準成分表(七訂) 2015年(Tr)
カリフラワー東京都健康安全研究センター 2007年50
カリフラワー国立医薬品食品衛生研究所 1989年8
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています