セロリ 塘蒿

セロリの概要

名前 セロリ
漢字 塘蒿
別名(例) セルリー
和蘭三葉(オランダミツバ)

セロリは強い独特の香りがする野菜で、幅広な茎や葉を食べます。
大好きな人がいる一方で、「大人が嫌いな野菜第1位」に選ばれる程に好き嫌いがハッキリ分かれる野菜です。

セロリは色によって3種類に大別され、繊維質が多く厚みの少ない黄色種、肉厚でスジが少なく香りの強い緑色種、日本で主流の青臭さが少なく根元が白っぽい中間種があります。
その他にも、最近は水耕栽培によって香りが弱く筋がない生食向けのホワイトセロリが出てきています。

アメリカで主流の緑色種は味も香りも中間種より上で、近年は日本での流通も増えてきています。

セロリの色は品種の違いもありますが、栽培方法も影響します。
実は、普通に栽培するとセロリはあんなに長くはなりません。
セロリの茎の部分に日光があたらないように軟白栽培することで、光を求めて茎が長くなり、緑色も強くなりません。
そして、軟白栽培することで香りも穏やかになります。

選び方のポイント

緑色種を選ぶと味が良いですがクセも強いので、セロリが苦手な人は中間種(根元が白っぽい品種)を選ぶと良いでしょう。
一般的に色が白い程に香りが弱くなります。

また、国産は葉が付いていることが多く、輸入品は葉が切り取られています。
国産品を選びたい場合は葉付きを選びましょう。

食べ方・調理のポイント

セロリが好きな人は香りを楽しむために生で食べることを好みます。
他にも、加熱に向く食材で、肉の臭み消しとして肉料理に使ったり、グラタン等の洋風の食べ方に合います。

葉は少し硬めなので細かく切るか、お浸しや天ぷら等にすると美味しく食べられます。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 茎:2週間程度
葉:3日程度

葉から水分が奪われるので茎と葉を切り離します。
そして、水を含ませたポリ袋等に茎と葉を別々に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫(野菜室)に保存します。

セロリの旬

セロリはいつを旬と呼ぶべきか判断に迷う野菜です。

ヨーロッパ原産であることから涼しい気候を好むため、本来の旬は10~12月と言えると思います。
しかし、産地の視点で見ると夏から秋にかけて主に長野県の高冷地で、冬から春にかけて静岡県等でハウス栽培が盛んです。
流通量で見てみると、突出して流通が多い時期や少ない時期がなく、通年で安定しているため「旬のない野菜」と考えることもできます。
価格で見てみると7~2月が安く、特に11月が最も安くなります。

これらを総合して考え、10~12月を本来の旬、6~9月を高冷地である長野県の旬とすることにしました。
なお、主体の栽培方法がハウス栽培であるなら仕方ないですが、露地栽培が可能なセロリに関してはハウス栽培の期間は旬から除外しました。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
セロリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

セロリの栄養

セロリは栄養価が高いイメージがあるセロリですが、カリウムが少し多い程度で、実は全体的に栄養価は低いです。
これは「中間種」のデータだと思われ、香りを抑えるための白化栽培にも原因があります。
そのため「緑色種」の方が栄養価が高くなると推定されます。

ただ、葉も食べることができ、むしろ葉の方が栄養があるので葉も食べるようにしましょう。

成分値には表れていませんが、セロリには40種類とも言われる香り成分が含まれ、リラックス効果や、血液をサラサラにする効果等があると言われています。
その効果から、古代ローマでは強壮剤として利用されていたそうです。

表示条件

食材名

セロリ/生

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

セロリの産地

セロリはヨーロッパ原産であることから涼しい気候を好み、夏から秋にかけて主に長野県の高冷地で、冬から春にかけては静岡県でハウス栽培が盛んです。
産地を分けて通年で安定して生産されています。

食材名

セロリ
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響 特大
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
有機推奨

セロリは農薬・窒素肥料の使用が多く、窒素残留は怖いくらいです。
無農薬であればスジを取れば生でも美味しく食べられますが、生食はお勧めしません。
有機栽培(オーガニック)等でない限り大量には食べない方が良いでしょう。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
セロリ22.456.515都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
セロリ/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年200
セロリ東京都健康安全研究センター 2007年300
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています