ヤングコーン

ヤングコーンの概要

名前 ヤングコーン
別名(例) ベビーコーン
ミニコーン
幼雌穂(ヨウシスイ)
唐黍(トウキビ)

トウモロコシが未成熟な小さい状態で収穫したものをヤングコーンと呼んでいます。

トウモロコシを栽培すると1本の茎に約3本のトウモロコシができます。
しかし、スイートコーンは甘さを集中させるために1~2本を残して間引きし、間引いたものはヤングコーンとして利用します。

とは言え、スイートコーンとヤングコーンでは使用する農薬が異なるため、1本の茎でスイートコーンとヤングコーンの両方を栽培することが難しい状況でした。
近年、両方で使用できる農薬が開発されたことでヤングコーンの生産量が増えており、スーパー等でみかけることが多くなってきました。

ヤングコーンは水分が多いためフレッシュでほのかな甘みがありますが、鮮度が落ちるのがとても早い野菜です。

選び方のポイント

ヤングコーンには収穫して半日ほどで甘さが半減してしまうため「朝採れ」等のその日に収穫したものを選びます。
皮つきの方が日持ちしますが、時間が経過すると結局甘さは少なくなります。

食べ方・調理のポイント

ヤングコーンは鮮度落ちが早いので、購入後はすぐに加熱調理します。
成長したスイートーンとは違い、内側の薄い皮やヒゲも食べることができます。

収穫したてのヤングコーンは生でも食べられますが、基本的には3~4分程度塩茹でしてから使用します。

保存のポイント

保存場所 生:冷蔵庫(チルド)
茹でた後:冷蔵庫
保存日数(目安) 生:1日以内
茹でた後:2~3日

ヤングコーンは収穫した後でも呼吸により糖がデンプンに変化していきます。
常温では数時間で糖の減少が始まり、1日もすると甘さが半減してしまいます。
そのため、購入後はなるべく早く食べる必要があります。

一時的に生のまま保存する場合は、なるべく低い温度で保存する必要があるため冷蔵庫(チルド)に保存し、遅くとも1日以内には食べるようにします。

どうしても保存したい場合は、茹でる等の加熱することでヤングコーンの呼吸を止めて糖がデンプンに変わるのを防ぎ、ポリ袋やタッパ等に入れて冷蔵庫に保存します。

ヤングコーンの旬

ヤングコーンはスイートコーンが成長する前に間引いたものなので、スイートコーンよりも季節が早く5~6月頃が旬となります。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
ヤングコーン
 
 
 
 
 
 

ヤングコーンの栄養

ヤングコーンはスイートコーンよりも未成熟な状態で食べるため、スイートコーンよりも全体的に栄養価は低いです。
ただ、葉酸、カルシウム、マンガンはヤングコーンの方が多くなっています。

表示条件

食材名

ヤングコーン/生

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響 無し
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

ヤングコーンの農薬や窒素使用に関するデータはありませんが、スイートコーンを間引いたものなのでスイートコーンのデータを示しています。
スイートコーンとして考えると、農薬の使用が少なめで皮に覆われているので実への影響は少ないです。
窒素肥料の使用は多いですが、窒素残留がほとんどないため安全な野菜です。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
スイートコーン8.930.138都道府県
未成熟トウモロコシ9.1287都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
ヤングコーン/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています