食用ユリ 食用ゆり 食用百合

食用ユリの概要

名前 食用ユリ
漢字 食用百合
別名(例) 百合根(ユリネ)

美しい花を咲かせる百合(ゆり)の球根を食用ユリや百合根(ゆりね)と呼び野菜として食べます。
ユリネの呼び方のほうが一般的でしょうか。

ユリは日本に古くから自生しており、江戸時代等のかなり古くから食べられていたようです。
ただ、その栽培は大変で、食べられるようになるまで3年以上かかります。
食用ユリを食べるのは日本と中国くらいと言われていますが、「鱗茎の数々が相合うことが和合(親しみ合うこと)に通じる」とされ、正月料理の定番食材となっています。

食用ユリはジャガイモのようにホクホクした食感で、甘みがあって調理もしやすく保存もきく便利な野菜です。
少し苦みがあるとされていますが、流通する大半は苦みの少ない品種である小鬼百合(こおにゆり)で、苦いと思うことはあまりありません。

選び方のポイント

食用ユリ(ユリネ)は収穫してから2か月程度をおが屑の中に貯蔵・熟成してから出荷されます。
そのため、おが屑ごと売られているか、売り場でおが屑から取り出して売られていることが多いです。
家庭で保存する場合もおが屑がある方が日持ちするので、おが屑ごと売られているものを選ぶと良いでしょう。

また、中身が確認できる場合は紫がかってると苦みが強いので、なるべく白いものを選びます。

食べ方・調理のポイント

おが屑を取り除くために流水で軽く洗います。
鱗茎は手で簡単にとることができ、茶色い部分を切り落とします。

茶わん蒸しや天ぷらが一般的ですが、単に茹でただけでもホクホクした食感が楽しめます。
形が薄く火が通りやすいので加熱時間は1~2分程度に留めます。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) おが屑つき:2~4週間程度
おが屑なし:1週間程度

おが屑ごと売られていた場合は、そのままポリ袋等に入れて冷蔵庫(野菜室)に保存します。
おが屑が乾燥せずに水分を含んだ状態を維持すれば1か月程度保つようですが、食用ユリ(ユリネ)を濡らすと傷んでしまうので、現実的には2週間以内に食べるようにした方が良いでしょう。

おが屑がない場合は、乾燥を防ぐためにラップやポリ袋等にくるんで冷蔵庫(野菜室)に保存します。

食用ユリの旬

食用ユリ(ユリネ)は大半が北海道産で、9月頃から流通が始まり、11月から正月に向けた12月頃に最も多くなります。
2か月程度貯蔵すると甘みが増すため、最も美味しい時期という意味では11月以降がお勧めです。

年始に安くなると言われますが、データを見る限りだと12月が最も安いようです。
また、京都府産が7~8月頃に流通しますが、価格が高く、量も限られているため9月~2月までを旬としました。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
食用ユリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

食用ユリの栄養

食用ユリ(ユリネ)で特筆すべきは水溶性の食物繊維とカリウムの多さです。
量を食べられる野菜としては実質的に野菜の中で最も多くの水溶性の食物繊維とカリウムを摂取できる野菜と言えます。

栄養だけでなくとても美味しいので、お正月以外にも是非とも食べるようにしたい野菜です。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

食用ユリの産地

食用ユリ(ユリネ)はほとんどが北海道産で生産されています。
以前は日本各地で栽培されていたようですが、高温・多湿を嫌うため北海道での栽培に落ち着いたようです。

また、僅かに施設栽培も行われているようですが、こちらは産地情報に現れたり消えたりとで安定して生産されてはいないようです。

食材名

食用ユリ/露地栽培
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

食用ユリ(ユリネ)は農薬や窒素肥料の使用が多いように見えますが、通年の値なので実際にはそれ程でもありません。
また、地下で育つ野菜なので農薬の心配は少ないでしょう。
窒素残留も心配ありません。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
食用ユリ30251都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
食用ユリ/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
食用ユリ/ゆで日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています