レンコン れんこん 蓮根

レンコンの概要

名前 レンコン
漢字 蓮根
別名(例) ハスネ

レンコンは蓮の肥大化した地下茎を食べます。
根っこに見えることから「蓮根(れんこん、はすね)」と呼ばれています。

レンコンは水田で栽培され、空気を運ぶための気孔と呼ばれる穴が開いています。
この穴が「先を見通す」ことに通じることから縁起物としておせち料理によく用いられます。

レンコンの味は季節によって異なり、秋の出始めの頃はシャキシャキしており、冬の寒い時期はムチっとした粘りが出ます。

選び方のポイント

レンコンは光と空気を嫌います。
このため、カットされたものよりは丸ごと、特に土付きのものを選ぶと良いでしょう。
また、小さいレンコンはシャキシャキしており、冬の時期の大きいレンコンは粘りがあります。

なお、本来のレンコンは褐色で、アクが強いため赤や黒っぽくなることも多い野菜です。
スーパー等では白いレンコンを見かけることが多いですが、収穫前に葉を全て倒してしまうことで空気を遮断し、レンコンが酸化するのを抑えることで白いレンコンを収穫しています。
漂白剤を使っているとの話もありますが、生鮮食品への食品添加物の使用は禁止されており、国産であれば(加工食品でなければ)レンコンの色は気にする必要はないでしょう。

また、表面に白いものが付着していることがありますが、レンコンに含まれるデンプンなので問題ありません。

食べ方・調理のポイント

レンコンは表面をタワシ等で洗ったら、皮をむき、包丁で必要な大きさに切ります。
3~5mm程度に切ることが多いでしょうか。

ただ、レンコンにはアクがあるため包丁で切るとすぐに空気に触れた部分から変色してしまいます。
酢水に浸ける(アク抜きする)と変色を防ぐことができ、食感がシャキシャキします。
代わりに粘り成分であるムチンが分解され粘りは失われてしまいます。

そのため、煮物にする場合はそのまま、又は水にさらすようにし、サラダや炒め物等にする場合は酢水に浸ける等、使い分けると良いでしょう。

保存のポイント

保存場所 丸ごと(通常):冷蔵庫
丸ごと(冬):冷蔵庫、又は常温(冷暗所)
カット:冷蔵庫
保存日数(目安) 丸ごと:5日程度
カット:2~3日程度

レンコンは光や空気(乾燥)を嫌います。

1節丸ごと(途中でカットされていないもの)の場合は、湿らせたキッチンペーパー等にくるんでからポリ袋等に入れて冷蔵庫に保存します。
冬場であれば10℃以下の常温(冷暗所)でも保存できます。
泥付きのものは、洗ったものよりも保ちが良くなります。

カットされたもの(穴が見えるもの)は、空気に触れないようにきっちりラップで包んでから冷蔵庫に保存します。

なお、レンコンは時間が経つほどどアクが出るため、早めに食べるようにしましょう。

レンコンの旬

レンコンの旬は秋~冬です。
秋のレンコンはあっさりしており、冬の寒い時期は粘りが出て甘みが出ます。
9~12月の流通が多く、特に12月はおせち料理に使われることもあり1年で最も多く流通します。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
レンコン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

レンコンの栄養

レンコンはビタミンCとマンガンを多く含みます。
また、野菜の中では炭水化物、ヨウ素を多く含んでいます。
食物繊維が多いイメージがありますが、実際にはそれ程でもありません。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

レンコンの産地

レンコンは豊富な水や湿地を活かして茨城県や徳島県で多く栽培されています。

食材名

レンコン
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

レンコンは窒素肥料の使用が多いですが、窒素残留が少ないので安全な野菜と言えます。
有機栽培(オーガニック)等にこだわる必要はないでしょう。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
レンコン6.132.518都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
レンコン/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
レンコン/ゆで日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
レンコン東京都健康安全研究センター 2007年0
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています