ニラ 韮

ニラの概要

名前 ニラ
漢字
別名(例) 葉ニラ

ニラはニンニクのように強い香りのする野菜です。
ネギに近い野菜ですが、暑さに強いことから1年を通じて栽培されています。
ニラは成長が旺盛で、収穫時に葉を根元から刈り取っても再度伸びてきて、1年に3~5回、2~3年に渡って収穫することができます。

ニラは香りは強いですが、葉が柔らかく加熱すると香りも穏やかになり食べやすいため、香りの強い野菜の中では好き嫌いが少ない野菜です。

日本には弥生時代に伝わったとされていますが、江戸時代までは薬草として利用され、野菜としては明治時代以降、一般的に食べられるようになったのは戦後と比較的新しい野菜とも言えます。
河川敷等に野生化しているものもありますが、色形が似たスイセンを食べて食中毒になる事例が多く、ニラの採取には注意が必要です。

選び方のポイント

ニラは折れた所から痛みやすいので、葉が折れたり、しおれていないものを選びます。

食べ方・調理のポイント

ニラは香りが強いため、豚肉(ビタミンB1)と一緒に調理したり冷凍すると匂いが抑えられます。
ただし、加熱時間が長いと風味が落ちるため、加熱時間は短めにします。
また、ニラの香りは葉先よりも根元に多いため、香りを抑えたい場合は葉先を、香りを出したい場合は根元を使うと良いでしょう。
切って時間が経過してもニラの香りは強くなるため、調理直前に切るようにします。

なお、ニラにはニンニクと同様にアリシンによる優れた殺菌力・抗菌力を持ちますが、生で摂取するとお腹を壊すことがあります。
アリシンは水溶性で熱に弱いですが、脂と一緒に調理すると分解されにくくなります。
さっと油で炒めて食べると良いでしょう。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 密閉せず:3日程度
密閉保存:10日程度

ポリ袋等に入れて輪ゴム等でしっかり閉じて密閉し、冷蔵庫(野菜室)に保存します。

ニラは冷蔵庫に保存していても呼吸により酸素を消費して二酸化炭素を排出しています。
密閉すると呼吸による低酸素・高二酸化炭素状態になり、呼吸が抑制されるようになるため保存期間が長くなります。
また、ニラの匂いが冷蔵庫(野菜室)に蔓延するのを防止できます。

密閉しないのであれば新聞紙にくるんで保存する必要はなく、購入時のビニール袋のまま冷蔵庫(野菜室)に保存します。
また、ニラは常温で保存するとすぐに腐り、溶けて凄まじい匂いを出すのでお勧めしません。

ニラの旬

ニラは暑さにも寒さにも強く通年で安定して栽培されており、いつを旬と呼ぶべきかが難しい野菜です。

一般的には、ニラは春~秋にかけて根元から刈り取ることで年に3~5回程度収穫し、冬は休眠するため収穫できません。
産地にも依りますが、この時期(4~10月頃)のものを夏ニラと呼び、3~5月の最初に収穫したものは葉が柔らかく香りが強いため本来の旬と言えます。

しかし、ニラは休眠期のない(又は休眠が浅い)品種が開発されており、11~3月の施設栽培されたものを冬ニラと呼びます。
冬ニラは葉が厚く柔らかいのが特徴で、夏に収穫されたものに比べて美味しいため冬ニラの時期も旬と言えますが価格が高いのが難点です。

異なる見方として、ニラは4~7月が価格が安く、購入しやすさではこの時期がお勧めです。

以上を踏まえて、11~7月の幅広い時期を旬とし、特に3~5月を本来の旬としました。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
ニラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ニラの栄養

ニラはビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、カリウム、モリブデンを多く含み、特にモリブデンは野菜の中で上位に入ります。

また、ニラにはニンニクと同様にアリシンによる優れた殺菌力・抗菌力を持ちます。
アリシンは水溶性で熱に弱いですが、脂と一緒に調理すると分解されにくくなります。
アリシンを有効に摂取するためにはさっと油で炒めて食べると良いでしょう。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

ニラの産地

ニラは暑さにも寒さにも強いため、温かい地域だけでなく寒い地域でも広く栽培しています。

食材名

ニラ
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響 特大
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
有機推奨

通常、農薬や窒素肥料の使用データは通年の値ですが、ニラに関しては通年で定義している地域と、1回の収穫あたりの使用量を定義している地域の二つのケースがあります。
そのため、後者は年に4回収穫するとして計算しています。

ニラは農薬・窒素肥料の使用が多く、窒素残留は怖いくらいです。
年間で複数回収穫するため農薬影響は「中」としますが、有機栽培(オーガニック)等でない限り大量には食べない方が良いでしょう。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
ニラ18.335.733都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
ニラ/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年300
ニラ/ゆで日本食品標準成分表(七訂) 2015年300
ニラ/油炒め日本食品標準成分表(七訂) 2015年400
ニラ東京都健康安全研究センター 2007年130
ニラ国立医薬品食品衛生研究所 1989年18
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています