イタリアンパセリ

イタリアンパセリの概要

イタリアンパセリは爽やかな香りのする香味野菜です。
日本では葉が縮れた品種が主流ですが、ヨーロッパでは葉が平らなイタリアンパセリが主流です。

イタリアンパセリはスープ、ソース、ドレッシング等に香りづけとして利用して真価が発揮されます。
また、日本の葉が縮れたパセリに比べて苦みが少なく、葉が平らであることから食感が良いため、サラダ等に刻んで入れても日本のパセリに比べて食べやすいのが特徴です。

食べ方・調理のポイント

イタリアンパセリは茎を取り除いた後、葉を刻んでスープやソース等に混ぜ込んで利用します。
生で食べる場合は刻んで少し入れるに留め、お浸しにする等、野菜として食べるのには向きません。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 3日程度

ポリ袋等に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫(野菜室)に保存します。

イタリアンパセリの旬

イタリアンパセリは施設栽培されたものを含め通年で流通していますが、春と秋の涼しい時期が旬となります。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
イタリアンパセリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
有機推奨

イタリアンパセリは農薬・窒素肥料の使用が多い野菜です。
ただ、摂取量が少ない野菜であるため農薬影響や窒素影響は「中」としますが、有機栽培(オーガニック)等でない限り大量には食べない方が良いでしょう。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
イタリアンパセリ11321都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)