ナズナ なずな 薺

ナズナの概要

名前 ナズナ
漢字
別名(例) 三味線草(シャミセングサ)
ペンペン草

ナズナはペンペン草と呼ぶ方が馴染みがあるでしょうか。
道端や公園等のどこにでも生えている雑草ですが、春の七草に数えられる野菜で実は食べられます。
葉の形が三味線に似ていることから「三味線草(しゃみせんぐさ)」とも呼ばれます。

野菜として食べる場合は花が咲く前の柔らかい茎と葉を食べます。

選び方のポイント

ナズナは単体で売られていることは基本的になく、春の七草のセットの中に含まれています。
雑草として生えているナズナを採る場合は、花の咲いていない状態のものを選びます。

食べ方・調理のポイント

春の七草として売られているものは、素直にお粥にして食べると良いでしょう。
雑草として生えているナズナを採った場合は虫が付いていることが多いのでしっかり洗ってから使います。

軽く茹でてお浸しにしたり、天ぷらにしても美味しく食べられます。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 2~3日程度

ポリ袋等に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫(野菜室)に保存します。

七草粥(ななくさがゆ)

昔から日本では万病を防ぐとして「人日の節句」である1月7日に「七草粥」を食べる習慣があります。

しかし、人日の節句は本来は旧暦の1月7日であり、新暦(現代)では2月15日になります。
このため、現代の食べ方では天然物を含めて考えれば旬から外れているものがあります。

春の七草は以下の通りです。
左側が昔の呼び方で、右側が現在の呼び方です。

  • 御形(ゴギョウ) / 母子草(ハハコグサ)
  • 蘿蔔・清白(スズシロ) / 大根(ダイコン)
  • 菘(スズナ) / 蕪(カブ)
  • 芹(セリ)
  • 薺(ナズナ) / ペンペン草
  • 繁縷(ハコベラ) / 蘩蔞(ハコベ)
  • 仏の座(ホトケノザ) / 小鬼田平子(コオニタビラコ)

なお、単純に「七草」と呼ぶと「秋の七草」を意味し、観賞用として昔から短歌や俳句で用いられてきました。

ナズナの旬

ナズナは主に2~3月の花が咲く前までが旬となります。
「人日の節句」である1月7日に七草粥を食べる習慣がありますが、新暦(現代)では2月15日であるため旬からは外れており、1月7日にはハウス栽培されたものが七草粥セットに入っています。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
ナズナ
 
 
 
 
 
 

ナズナの栄養

春の七草以外にナズナを食べる習慣は現代ではありませんが、実はビタミン・ミネラルが豊富な野菜です。
特にビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄、不溶性食物繊維等、枚挙に暇がありません。

とは言え、七草粥として食べる場合は量が少なく、実質的にはビタミンKを少し摂取できる程度でしょう。

表示条件

食材名

ナズナ/生

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

農薬・窒素成分の影響

農薬影響 不明
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

ナズナは栽培時の農薬や窒素肥料の使用データが無いので詳細は判断できません。
窒素残留が多いので窒素肥料の使用は多いものと思われますが、摂取量が少ない野菜なので窒素影響は「小」としました。

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
ナズナ/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年100
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています