パプリカ

パプリカの概要

名前 パプリカ
別名(例) ジャンボピーマン
クイーンベル(赤色)
キングベル(黄色)
サンセットベル(オレンジ色)

ベル型で肉厚のピーマンをパプリカと呼んでおり、一般的には熟して赤や黄色等に色づいたものが売られています。
少し大きいカラーピーマンと考えて良いでしょう。

パプリカも未成熟な状態では緑色で苦みがありますが、熟したものはカラーピーマンと同様に苦みが少なく甘みが強くなります。
また、カラーピーマンに比べると肉厚であるため長時間の加熱調理に向きます。

選び方のポイント

実はパプリカは色により味が違います。
黄色が一番甘く、赤色が一番苦い傾向があります。
オレンジ色はその中間です。

そのため、ピーマンが苦手な人は黄色を選ぶと良いでしょう。
ただ、苦いと言っても青ピーマンに比べると苦みは少なく、栄養価は赤色が一番高いため、最も流通が多い赤色を選んでも問題はないでしょう。

食べ方・調理のポイント

パプリカを縦半分に切り、ヘタとワタを取り除きます。

パプリカには苦みがないため、青ピーマンと違ってどのように調理しても問題ありません。
ただ、パプリカは甘いと言っても、普通に調理してもそれ程甘いとは思わないのではないでしょうか?

パプリカは糖度がとても高いのですが、そのままでは感じにくいようになっています。
パプリカの甘さを引き出すには、長時間(30分~1時間程度)かけて加熱する必要があります。
例えば、半分に切ったパプリカを断面を下にしてオーブン等で180℃で1時間加熱し、表面の焦げた皮は取り除きます。
焦げた皮を取り除いてベタベタとして果物のように甘くなった実を食べます。
また、パプリカはカラーピーマンに比べて実が厚いため、じっくりと1時間煮込んでも良いでしょう。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 1週間程度

パプリカは水気に弱いので表面を拭いてポリ袋等に入れ、冷蔵庫(野菜室)に保存します。
傷んだものがある場合は他に移りやすいので取り除きます。
また、種とヘタから痛むので、カットした場合は種とヘタを取ってからポリ袋等に入れ、冷蔵庫(野菜室)に保存します。

なお、冷蔵庫に入れると低温障害を起こします。

パプリカの旬

パプリカの旬はピーマンと同じ5~10月頃です。
ただ、パプリカは施設栽培の方が露地栽培よりも多いため12月頃まで流通が多く、価格の安い時期が7~12月となっています。
施設栽培されたものは通年で流通しています。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
パプリカ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

パプリカの栄養

赤ピーマンと黄ピーマンのデータを示しますが、これはパプリカを含んでいます。

パプリカはビタミンE、ビタミンB6、葉酸、ビタミンCを非常に多く含んでいます。
ビタミンEとビタミンCは野菜の中で上位に入っており、特に赤ピーマン(パプリカ)のビタミンCは野菜の中で2番目に多く含まれています。
また、赤ピーマン(パプリカ)と黄ピーマン(パプリカ)を比べると、赤ピーマンの方が全体的に栄養価は高くなっています。

なお、ピーマンのビタミンCは加熱による損失が少ないとされ、「油いため」のデータでもでも低下が見られません。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

パプリカの産地

パプリカは露地栽培よりも施設栽培の方が圧倒的に多い野菜です。
これはパプリカがピーマンに比べてはるかに高価格で取引されることが原因と思われます。

露地栽培は群馬県が、施設栽培は宮城県や茨城県が多くなっています。
特に、茨城県はパプリカに限らずピーマンの栽培が盛んです。

食材を選択

  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響 特大
窒素影響 無し
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
有機推奨

パプリカは農薬・窒素肥料の使用がとても多い野菜です。
実野菜であるため窒素残留はほとんどなく気にする必要はありません。
しかし、農薬の使用がとにかく多いため、有機栽培(オーガニック)等でない限り大量には食べない方が良いでしょう。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
パプリカ31.338.57都道府県
ピーマン類40.558.51都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
赤ピーマン/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
黄ピーマン/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています