モロヘイヤ

モロヘイヤの概要

名前 モロヘイヤ
別名(例) 縞綱麻(シマツナソ)
台湾綱麻(タイワンツナソ)
長実綱麻(ナガミツナソ)
ジュート

モトヘイヤは北アフリカが原産の野菜です。
和名はシマツナソと言いますが、野菜として日本で流通させるにあたりアラビア語でモロヘイヤを指す「ムルキーヤ(王様の野菜)」が語源となり「モロヘイヤ」と呼ばれるようになりました。
茎は繊維原料にもなり「ジュート」と呼ばれています。

モロヘイヤの葉はとても柔らかく、クセがないため食べやすく、ムチンが含まれているため粘りがあります。
また、栄養価がとても高いため野菜の王様とも呼ばれます。
語源と言い方が逆なのは意図的なのでしょうか。

なお、モロヘイヤの種やサヤ、茎には毒(ストロファンチジン)があるため、種子の袋には注意書きがされています。

選び方のポイント

モロヘイヤは葉がしおれやすいので、萎れていないものを選びます。
また、茎が太いと葉がザラザラとして硬くなっているので、茎が太すぎないものを選びます。
硬いモロヘイヤは茹でても柔らかくはなりません。

食べ方・調理のポイント

モロヘイヤは茎は食べずに葉のみ食べます。
特に、茎には毒(ストロファンチジン)が含まれるため家庭菜園等で作った場合は食べないように気を付けます。

軽く洗った後は茎を取り除いて葉と葉柄(葉の細長い軸の部分)だけにします。
茎との接合が弱く、葉は手で簡単に取れます。

モロヘイヤには少しアクがあるため、湯に泳がせる程度に軽く下茹でしてアクを抜いて利用します。
ムチンが含まれているため細かく葉を刻むと粘りが出てきます。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 2~3日程度

湿らせたキッチンペーパー等を茎(断面)に巻き付け、ポリ袋等に入れて冷蔵庫(野菜室)に保存します。
モロヘイヤは古くなると硬くなるため早めに食べるようにしましょう。

モロヘイヤの旬

モロヘイヤの旬は夏の暑い時期です。
野菜の少ない季節であるため重宝されています。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
モロヘイヤ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

モロヘイヤの栄養

モロヘイヤは野菜の王様と言われるだけあって、非常に栄養価の高い野菜です。

非常に多くの食物繊維を含み、かなりの成分が野菜の中で上位に入ります(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、カルシウム、銅、マンガン、クロム)。
また、パントテン酸は野菜で最も多く含まれています。
ただ、葉が柔らかく薄いことが原因と思われますが、茹でると水溶性のビタミンの損失が大きいのが欠点でしょうか。

なお、成分値には表れていませんが、ヌメリ成分である「ムチン」はタンパク質の吸収を高め、疲労回復効果があると言われています。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

モロヘイヤの産地

モロヘイヤは群馬県で多く栽培されています。
施設栽培は突出して多い地域はありませんが、やはり群馬県が多いようです。

食材を選択

  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
有機推奨

モロヘイヤは農薬の使用が少し多く、窒素肥料をかなり多く使用しています。
ただ、栽培期間で考えれば農薬の使用はそれ程でもありません。
問題は窒素残留で、極めて多くの窒素成分が残留しています。
窒素影響は生のままでは「特大」なのですが、茹でると少しは低減できるため茹でる前提で「大」としています。
それでも窒素影響が大きいため、有機栽培(オーガニック)等でない限り大量には食べない方が良いでしょう。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
モロヘイヤ823.620都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
モロヘイヤ/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年200
モロヘイヤ/ゆで日本食品標準成分表(七訂) 2015年100
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています