ナイアシン

ナイアシンはビタミンB3とも呼ばれる水溶性ビタミンの一種で、体内で同じ作用を持つニコチン酸、ニコチン酸アミド等の総称です。
糖質・脂質・タンパク質からエネルギーを生成する酵素を補完する必須成分で、DNAの修復・合成・細胞分化にも関係しています。
タンパク質の一種であるトリプトファンから体内で合成する事もできます。

ナイアシンが不足すると、ペラグラと呼ばれる欠乏症が発症し、皮膚炎、下痢、精神神経症状等の症状が知られています。

ナイアシンの成分値はニコチン酸相当量で示され、食事接種基準はナイアシン当量で示されています。
そのため、実際の過不足を判断するためにはナイアシン当量を参照する必要があります。
本サイトではタンパク質とナイアシンからナイアシン当量を別途算出しています。

なお、水溶性のビタミンは体内に蓄積できないため、毎日の摂取が必要となります。

ナイアシンを多く含む食材(魚介)

ナイアシンを多く含む食材(魚介)の順位(50位まで)と可食部100gあたりの成分値を表示しています。

摂取基準の値は以下の条件で算出しています。
女性も基本的にはこの条件で充足しますが、生理や妊娠の有無等で必要な摂取量は変わります。

  • 男性
  • 18才
  • 身体活動レベル:普通

なお、この一覧は基本的に調理前の素材に限定しており、加工品、調理済み等のデータは除いています。
まだ説明を追加していない食材が多いですが、説明を記載済みの食材であれば食材名のリンクより食材の詳細を調べることができます。
詳細ページでは栄養成分全体(タンパク質、ビタミン、ミネラル等)を表示しており、年齢・性別による違いや、調理済みの場合等も調べることができます。

順位 食材名 成分値(/100g) 接種基準(割合)
1位 ビンナガマグロ/生 20.7mg
-
2位 メジマグロ/生 19.4mg
-
3位 カツオ/春獲り/生 19.0mg
-
4位 カツオ/秋獲り/生 18.0mg
-
5位 キハダマグロ/生 17.5mg
-
6位 ソウダガツオ/生 16.2mg
-
7位 ムロアジ/生 15.2mg
-
8位 ゴマサバ/生 14.6mg
-
9位 クロマグロ(赤身)/生 14.2mg
-
10位 クロカジキ/生 13.5mg
-
10位 メバチマグロ/生 13.5mg
-
12位 マサバ/生 11.7mg
-
13位 ミナミマグロ(赤身)/生 11.0mg
-
14位 ミナミマグロ(脂身)/生 10.8mg
-
15位 マカジキ/生 10.4mg
-
16位 クロマグロ(脂身)/生 9.8mg
-
17位 カタクチイワシ/生 9.7mg
-
18位 サワラ/生 9.5mg
-
18位 ブリ/生 9.5mg
-
20位 シイラ/生 9.0mg
-
20位 ブリ(ハマチ)/養殖/皮つき/生 9.0mg
-
22位 サクラマス/生 8.8mg
-
23位 シマアジ/養殖/生 8.3mg
-
24位 ウルメイワシ/生 8.0mg
-
24位 カラフトマス/生 8.0mg
-
24位 カンパチ/生 8.0mg
-
24位 ズワイガニ/生 8.0mg
-
28位 マスノスケ/生 7.7mg
-
29位 シルバーワレフ/生 7.6mg
-
29位 ヒラマサ/生 7.6mg
-
29位 メカジキ/生 7.6mg
-
32位 ミナミクロタチ/生 7.5mg
-
33位 タイセイヨウサケ/養殖/生 7.4mg
-
33位 マルアジ/生 7.4mg
-
35位 マイワシ/生 7.2mg
-
36位 オヒョウ/生 7.1mg
-
36位 サンマ/皮つき/生 7.1mg
-
36位 トビウオ/生 7.1mg
-
39位 マフグ/生 7.0mg
-
40位 ニジマス/海面養殖/皮つき/生 6.8mg
-
41位 シロザケ/生 6.7mg
-
42位 タイセイヨウサバ/生 6.5mg
-
43位 ハマフエフキ/生 6.4mg
-
44位 キビナゴ/生 6.2mg
-
44位 ヒラメ/養殖/皮つき/生 6.2mg
-
46位 ニシマアジ/生 6.1mg
-
47位 ベニザケ/生 6.0mg
-
47位 マダイ/天然/生 6.0mg
-
49位 トラフグ/養殖/生 5.9mg
-
50位 マダイ/養殖/皮つき/生 5.6mg
-
  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
-(ハイフン)
未定義。
出典:日本食品標準成分表(七訂) 2015年
出典:日本人の食事摂取基準 2015年