ナトリウム

ナトリウムは体内の浸透圧の維持(塩分濃度の調整)、栄養吸収の促進、神経伝達や筋肉の収縮支援(電気信号の伝達に関与)等に関与しています。

食塩の主成分である塩化ナトリウムや、旨み成分であるグルタミン酸ナトリウム等の化合物を摂取する事で体内に取り込みます。
食塩からの接種が多いため、食塩相当量とナトリウムは以下の式で換算できるとされています。
食塩相当量(g)=ナトリウム(mg)×2.54/1000。

ナトリウムを過剰に摂取すると、むくみ、高血圧等のリスクが知られています。
日常的に多くの塩分を摂取していることから、ナトリウムの摂取を減らすためには塩分を減らす必要があります。

同様の理由でナトリウムが不足する事は基本的にはありません。
ただし、データで示していませんが成人のナトリウムの推定平均必要量は600mg程度であり、極端に塩分を制限してはいけません。
また、スポーツ等で大量の発汗がある場合は一時的にナトリウムが不足する事があり、運動機能等に支障が出るため塩分の補給が必要となります。

目標量は食塩相当量から算出しています。

ナトリウムを多く含む食材(野菜)

ナトリウムを多く含む食材(野菜)の順位(50位まで)と可食部100gあたりの成分値を表示しています。
1日に必要な栄養を簡単に判断できるように日本人の食事接種基準をどの程度満たすかも表示しています。

摂取基準の値は以下の条件で算出しています。
女性も基本的にはこの条件で充足しますが、生理や妊娠の有無等で必要な摂取量は変わります。

  • 男性
  • 18才
  • 身体活動レベル:普通

なお、この一覧は基本的に調理前の素材に限定しており、加工品、調理済み等のデータは除いています。
まだ説明を追加していない食材が多いですが、説明を記載済みの食材であれば食材名のリンクより食材の詳細を調べることができます。
詳細ページでは栄養成分全体(タンパク質、ビタミン、ミネラル等)を表示しており、年齢・性別による違いや、調理済みの場合等も調べることができます。

順位 食材名 成分値(/100g) 接種基準(割合)
1位 ツワブキ/生 100mg
3.2%
目標量
3150mg以下
 
2位 シュンギク/生 73mg
2.3%
目標量
3150mg以下
 
3位 フダンソウ/生 71mg
2.3%
目標量
3150mg以下
 
4位 アシタバ/生 60mg
1.9%
目標量
3150mg以下
 
4位 カラシナ/生 60mg
1.9%
目標量
3150mg以下
 
6位 オカヒジキ/生 56mg
1.8%
目標量
3150mg以下
 
7位 ダイコン/葉/生 48mg
1.5%
目標量
3150mg以下
 
8位 タカナ/生 43mg
1.4%
目標量
3150mg以下
 
9位 葉ダイコン/生 41mg
1.3%
目標量
3150mg以下
 
10位 タイサイ/生 38mg
1.2%
目標量
3150mg以下
 
11位 ミズナ/生 36mg
1.1%
目標量
3150mg以下
 
12位 エンダイブ/生 35mg
1.1%
目標量
3150mg以下
 
12位 フキ/生 35mg
1.1%
目標量
3150mg以下
 
14位 スグキナ/葉/生 32mg
1%
目標量
3150mg以下
 
14位 チンゲンサイ/生 32mg
1%
目標量
3150mg以下
 
14位 ミブナ/生 32mg
1%
目標量
3150mg以下
 
17位 葉ニンジン/生 31mg
1%
目標量
3150mg以下
 
18位 テーブルビート/生 30mg
1%
目標量
3150mg以下
 
19位 タアサイ/生 29mg
0.9%
目標量
3150mg以下
 
20位 セロリ/生 28mg
0.9%
目標量
3150mg以下
 
20位 ニンジン/皮つき/生 28mg
0.9%
目標量
3150mg以下
 
20位 ヒロシマナ/生 28mg
0.9%
目標量
3150mg以下
 
23位 キンサイ/生 27mg
0.9%
目標量
3150mg以下
 
24位 ヨウサイ/生 26mg
0.8%
目標量
3150mg以下
 
25位 カブ/葉/生 24mg
0.8%
目標量
3150mg以下
 
25位 ノザワナ/生 24mg
0.8%
目標量
3150mg以下
 
25位 レンコン/生 24mg
0.8%
目標量
3150mg以下
 
25位 ワサビ/生 24mg
0.8%
目標量
3150mg以下
 
29位 クレソン/生 23mg
0.7%
目標量
3150mg以下
 
30位 シロナ/生 22mg
0.7%
目標量
3150mg以下
 
30位 ツマミナ/生 22mg
0.7%
目標量
3150mg以下
 
32位 アーティチョーク/生 21mg
0.7%
目標量
3150mg以下
 
32位 ナガサキハクサイ/生 21mg
0.7%
目標量
3150mg以下
 
34位 ブロッコリー/生 20mg
0.6%
目標量
3150mg以下
 
35位 セリ/生 19mg
0.6%
目標量
3150mg以下
 
35位 ダイコン/根、皮つき/生 19mg
0.6%
目標量
3150mg以下
 
37位 ゴボウ/生 18mg
0.6%
目標量
3150mg以下
 
38位 コスレタス/生 16mg
0.5%
目標量
3150mg以下
 
38位 ホウレンソウ/冬どり/生 16mg
0.5%
目標量
3150mg以下
 
38位 ホウレンソウ/夏どり/生 16mg
0.5%
目標量
3150mg以下
 
38位 ホウレンソウ/通年平均/生 16mg
0.5%
目標量
3150mg以下
 
38位 和種ナバナ/花芽・茎/生 16mg
0.5%
目標量
3150mg以下
 
43位 コマツナ/生 15mg
0.5%
目標量
3150mg以下
 
43位 ミニキャロット/生 15mg
0.5%
目標量
3150mg以下
 
45位 ルッコラ/生 14mg
0.4%
目標量
3150mg以下
 
46位 パクチョイ/生 12mg
0.4%
目標量
3150mg以下
 
46位 洋種ナバナ/葉茎/生( かき菜コウサイタイ 12mg
0.4%
目標量
3150mg以下
 
48位 キントキ/皮つき/生 11mg
0.3%
目標量
3150mg以下
 
48位 トレビス/生 11mg
0.3%
目標量
3150mg以下
 
50位 ヒノナ/生 10mg
0.3%
目標量
3150mg以下
 
50位 ヨモギ/生 10mg
0.3%
目標量
3150mg以下
 
  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
出典:日本食品標準成分表(七訂) 2015年
出典:日本人の食事摂取基準 2015年