脂質

脂質は水に溶けないが有機溶媒に溶ける物質の総称で、エネルギー源や細胞膜の構成成分等になります。
必須のエネルギー源ですが、体内に蓄積される性質があるため肥満の原因にもなります。

目標量はエネルギーに対する比率で定義されているため、本サイトでは「9kcal=1g」で算出しています。

脂質を多く含む食材(野菜)

脂質を多く含む食材(野菜)の順位(50位まで)と可食部100gあたりの成分値を表示しています。
1日に必要な栄養を簡単に判断できるように日本人の食事接種基準をどの程度満たすかも表示しています。

摂取基準の値は以下の条件で算出しています。
女性も基本的にはこの条件で充足しますが、生理や妊娠の有無等で必要な摂取量は変わります。

  • 男性
  • 18才
  • 身体活動レベル:普通

なお、この一覧は基本的に調理前の素材に限定しており、加工品、調理済み等のデータは除いています。
まだ説明を追加していない食材が多いですが、説明を記載済みの食材であれば食材名のリンクより食材の詳細を調べることができます。
詳細ページでは栄養成分全体(タンパク質、ビタミン、ミネラル等)を表示しており、年齢・性別による違いや、調理済みの場合等も調べることができます。

順位 食材名 成分値(/100g) 接種基準(割合)
1位 未成熟ラッカセイ/生 24.2g
41.1%
目標量
58.9~88.3g
 
2位 エダマメ/生 6.2g
10.5%
目標量
58.9~88.3g
 
3位 とんぶり/ゆで 3.5g
5.9%
目標量
58.9~88.3g
 
4位 トウガラシ/生 3.4g
5.8%
目標量
58.9~88.3g
 
5位 スイートコーン/生 1.7g
2.9%
目標量
58.9~88.3g
 
6位 大豆モヤシ/生 1.5g
2.5%
目標量
58.9~88.3g
 
7位 ニンニク/生 0.9g
1.5%
目標量
58.9~88.3g
 
8位 パセリ/生 0.7g
1.2%
目標量
58.9~88.3g
 
9位 バジル/生 0.6g
1%
目標量
58.9~88.3g
 
9位 ブロッコリースプラウト/生 0.6g
1%
目標量
58.9~88.3g
 
11位 カイワレダイコン/生 0.5g
0.8%
目標量
58.9~88.3g
 
11位 ブロッコリー/生 0.5g
0.8%
目標量
58.9~88.3g
 
11位 モロヘイヤ/生 0.5g
0.8%
目標量
58.9~88.3g
 
11位 芽タデ/生 0.5g
0.8%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 キンサイ/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 ケール/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 サンチュ/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 トウミョウ/芽ばえ/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 トウミョウ/茎葉/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 ホウレンソウ/冬どり/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 ホウレンソウ/夏どり/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 ホウレンソウ/通年平均/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 ルッコラ/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 実エンドウ/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 洋種ナバナ/葉茎/生( かき菜コウサイタイ 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
15位 葉タマネギ/生 0.4g
0.7%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 アサツキ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 シシトウ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 シュンギク/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 ショウガ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 ツマミナ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 ニラ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 ホースラディッシュ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 ミブナ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 ヨモギ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 小ネギ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 茎ニンニク/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 葉ネギ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
27位 西洋カボチャ/生 0.3g
0.5%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 アーティチョーク/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 アスパラガス/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 エシャレット/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 エンダイブ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 オカヒジキ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 オクラ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 キャベツ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 キントキ/皮つき/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 クサソテツ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 コスレタス/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 コマツナ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 サニーレタス/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 サヤエンドウ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 サラダナ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 サントウサイ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 シロナ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 スグキナ/葉/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 タアサイ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 タカナ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 タケノコ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 タラノメ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ツルムラサキ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 トマピー/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 トレビス/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ニンジン/皮つき/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ノビル/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 パクチョイ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ピーマン/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ヒロシマナ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 マコモダケ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ミニキャロット/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ムカゴ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ヤングコーン/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ヨメナ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ラッキョウ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 レタス/水耕栽培/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 ワサビ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 和種ナバナ/花芽・茎/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 未成熟ソラマメ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 花ニラ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 葉ショウガ/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 葉ダイコン/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 葉ニンジン/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 行者ニンニク/生 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 赤ピーマン/生( カラーピーマンパプリカ 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
40位 黄ピーマン/生( カラーピーマンパプリカ 0.2g
0.3%
目標量
58.9~88.3g
 
  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
出典:日本食品標準成分表(七訂) 2015年
出典:日本人の食事摂取基準 2015年