ブロッコリー

ブロッコリーの概要

名前 ブロッコリー
別名(例) 緑花椰菜(ミドリハナヤサイ)
芽花椰菜(メハナヤサイ)

ブロッコリーはケールの花蕾(からい)が大きくなるように改良された野菜です。
主に蕾(つぼみ)の集合体である花蕾(からい)が開花する前のものや、茎を食べます。
大きさにもよりますが、蕾の数は3~7万個にもなります。

少し青臭さがありますが、近縁種のカリフラワーに比べると結球が緩いため食べやすく甘みがあります。

選び方のポイント

ブロッコリーは古くなると蕾が成長して黄色くなり花蕾が緩くなるので、緑色で花蕾が固く締まっているものを選びます。
葉付きの方が保ちが良くなります。
また、花蕾が紫がかっているものを選ぶと冬の寒さで甘くなっており、茹でれば緑色になります。

食べ方・調理のポイント

ブロッコリーは葉も食べられますが、基本的には蕾と茎を食べます。

蕾は洗いにくいので小房に分け、ボウルに貯めた水に入れ洗います。
水に20分程度つけておくと潜んでいる虫が出てくることがあります。

茎は外側が硬いので外側を包丁で厚く切り取り、内側の柔らかいところだけを食べます。
茎の断面を見ると白い線が入っているので、その外側を切り取ります。

ブロッコリーを茹でる場合は1~2%程度の塩を入れると緑色が綺麗に出ますが、入れなくても問題はありません。
火が通りやすいので加熱時間は2~3分程度に留め、水で冷やすと水っぽくなるため常温で冷まします。
なお、シチュー等に最初から入れてしまうと跡形もなくなってしまうので注意します。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)、又は冷蔵庫
保存日数(目安) 2~3日程度

ポリ袋等に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫(野菜室)、又は冷蔵庫に茎を下にして立てて保存します。
ブロッコリーは野菜室では成長して黄色くなってしまうので、冷蔵庫の方が保存には向いています。

なお、成長して黄色くなったり花が咲いても美味しくはありませんが食べることはできます。

ブロッコリーの旬

ブロッコリーは冬の寒い時期が甘みが強く旬となります。
ただ、高地や北海道等の涼しい地域を活用することで夏でも安定して流通しています。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
ブロッコリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブロッコリーの栄養

ブロッコリーはビタミンE、ビタミンK、葉酸、ビタミンC、モリブデンを多く含んでいます。
特に葉酸とビタミンCは野菜の中で上位に入ります。
ただ、茹でるとビタミンCは半分程度になってしまうので、栄養で考えれば蒸したり、焼いた方が良いでしょう。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

ブロッコリーの産地

ブロッコリーは北海道の生産量が多いですが、涼しい気候を活かして夏~秋にかけて多く流通します。
冬~春にかけては愛知県や埼玉県が多くなります。

食材名

ブロッコリー
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

ブロッコリーは農薬や窒素肥料の使用が多い野菜です。
花蕾へ窒素はあまり残留しないようですが、農薬の影響を考慮して有機栽培(オーガニック)等でない限り大量には食べない方が良いでしょう。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
ブロッコリー13.527.545都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
ブロッコリー/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年Tr
ブロッコリー/ゆで日本食品標準成分表(七訂) 2015年Tr
ブロッコリー東京都健康安全研究センター 2007年4
ブロッコリー国立医薬品食品衛生研究所 1989年12
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています