チコリー

チコリーの概要

名前 チコリー
別名(例) アンディーブ
菊苦菜(キクニガナ)

チコリーはヨーロッパ原産の野菜で、和名で「菊苦菜(きくにがな)」と呼ばれます。
白菜を小さくしたような形でシャクシャクした食感をしていますが、和名の通り苦みの強い野菜です。
とは言え、和名が使われることは基本的にはなく、英語のチコリーかフランス語のアンディーブのどちらかが使われます。
フランス料理でよく使われる野菜です。

元々チコリーはとても苦みの強い野菜ですが、太陽光に当てずに軟白栽培することで苦みを抑えています。
流通するほとんどが輸入されたものですが、日本でも一部地域で僅かに栽培しています。
流通する多くはホワイト(葉先が黄緑色のもの)ですが、赤いものもあります。

選び方のポイント

チコリーは乾燥に弱くしおれやすいので、葉がしおれていないものを選びます。
また、ふっくらした(厚みのある)ものの方が葉の形が良く調理しやすくなります。

食べ方・調理のポイント

チコリーはシャクシャクした食感と苦みを活かすために生で食べることが多い野菜です。
1枚ずつ葉をはいで、船型の葉の上に具を乗せてオードブルにしたり、サラダに入れたりします。

苦さが苦手な人はチコリーを切ってから水にさらすと苦みが和らぎます。
また、加熱調理すると苦みは和らぎますが赤いチコリーは色落ち(変色)するので生で食べる方が良いでしょう。

なお、軟白栽培して苦みを抑えているとは言え、チコリーは苦みが強い野菜です。
ハクサイに似た形をしていますが、ハクサイと同じつもりで使うと苦くて後悔するので注意しましょう。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 3日程度

密閉された袋に入っている場合はそのまま、そうでな場合はラップに包んで冷蔵庫(野菜室)に保存します。
チコリーは乾燥しやすいので、早めに食べるようにしましょう。

チコリーの旬

チコリーは日本でもわずかに栽培されており、国産のチコリーの旬は冬の寒い時期で1~3月頃となります。
輸入物は通年で流通しています。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
チコリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チコリーの栄養

チコリーの仲間は栄養価が全体的に低く、チコリーは更に軟白栽培されているため葉酸が少し多い程度で栄養的に優れた点はありません。
ただ、苦み成分が肝機能の向上に効果がある等とされています。

表示条件

食材名

チコリー/生

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

農薬・窒素成分の影響

農薬影響 無し
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

チコリーは苦みを抑えるために地中等で軟白栽培されるため農薬は使用しないようです。
また、窒素残留も少ないため安全な野菜と言えるでしょう。

ただ、流通する大半が輸入物であるため、これらの安全性については不明です。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
チコリー071都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
チコリー/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年Tr
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています