タマネギ たまねぎ 玉葱

タマネギの概要

名前 タマネギ
漢字 玉葱

タマネギはネギの仲間で根元の球状に肥大化した鱗茎(りんけい)を食べます。
また、若どりしたものは葉タマネギとして葉と少しだけ肥大化した鱗茎の両方を食べることができます。

タマネギは甘タマネギと辛タマネギに分けられ、日本では黄色球形や扁平の甘タマネギが多く流通しています。
通常、タマネギは収穫後に1か月くらい乾燥して貯蔵性を高めてから出荷されます。
しかし、乾燥しないで水分量が多い状態で出荷する新タマネギもあります。
新タマネギには黄色い品種ではなく、白い新タマネギ専用の品種を使うことが多いようです。

タマネギは甘タマネギと言っても生では辛みがあり、加熱することで辛さが消えて甘みが出てきます。
新タマネギは辛さが弱いため生でも食べやすいですが、普通のタマネギに比べると甘みがありません。

選び方のポイント

加熱調理する場合は通常の黄色いタマネギを選びます。
貯蔵性が高いこともあり、それ程悪い状態のものを見かけることはあまりありません。
外側の皮が剥けていたり皮に黒い部分があるものもありますが、品質には関係しません。

生で食べる場合は通常の黄色いタマネギでも問題ありませんが、辛みが強いので水にさらす必要がある等少し手間がかかります。
そのため、新タマネギを選ぶと調理が楽になります。

食べ方・調理のポイント

タマネギはヘタと根の部分を切り取り、皮を剥いて使用します。
根の部分は包丁でストンと切ってしまうと食べる量が減るので、ペティナイフ等でくり抜く方がお得です。
また、皮をは上側(へた側)からの方が剝きやすいです。

タマネギは加熱すると甘みが出るので、基本的に加熱して使用します。
生で食べる場合は辛みがあるので、薄くスライスしてから水にさらし、辛みを抜いてから使用します。

新タマネギは辛みが少ないため生食に向き、生食の場合は普通のタマネギよりも甘みが感じられます。
辛みが少ないので普通のタマネギよりも厚く切っても美味しく食べられます。
また、通常のタマネギと同じ調理法でも問題ありませんが、加熱した場合は通常のタマネギ程は甘くなりません。

なお、タマネギは長時間(1時間等)加熱すると溶けてなくなってしまいます。
その代わり、タマネギの甘みがしっかり出ます。

保存のポイント

保存場所 タマネギ(通常):常温(冷暗所)
タマネギ(夏):冷蔵庫(野菜室)
新タマネギ:冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) タマネギ(通常):2~3か月程度
タマネギ(夏):1ヶ月程度
新タマネギ:1週間程度

タマネギは風通しのの良い常温(冷暗所)に保存します。
夏場は冷蔵庫(野菜室)に保存します。

新タマネギは水分が多く腐りやすいためポリ袋等に入れて乾燥を防ぎ冷蔵庫(野菜室)に保存します。

タマネギで涙が出る?!

タマネギを切ると目が痛くなって涙が止まらなくなることがあります。
タマネギを切ると細胞が壊れて揮発性の硫化アリルと呼ばれる成分が気化し、これが目に入ると涙が止まらなくなります。

普通に切るだけならそれ程でもありませんが、みじん切り等にする際は切れ味の良い包丁を使うようにすることで細胞が壊れるのを防止し、硫化アリルの発生を抑えることができます。
また、包丁の使い方でも改善でき、押しつぶすのではなく素早くスライドさせるように切ることで細胞が壊れるのを防ぐことができます。

タマネギの旬

タマネギは収穫後に1か月くらい乾燥し、貯蔵性を高めてから出荷されます。
品種を変えることで栽培可能な時期が長く、一定期間貯蔵して出荷することもあるため1年を通じて安定して流通しています。
9~4月は北海道産が多く、他の地域ではその隙間を埋めるように4~8月に多く流通しています。

新タマネギは3~5月が多いですが秋ごろから出回ります。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
タマネギ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タマネギ/新タマネギ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タマネギの栄養

タマネギは美味しい野菜で広く使用されていますが、栄養的にはとりたてて優れた点はありません。
強いて言えば、食物繊維が水溶性と不溶性のバランスが取れています。

ただ、タマネギの香り成分は血液をさらさらにして動脈硬化の予防に効果があるとされています。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

タマネギの産地

北海道の生産量が最も多く、他の地域で北海道の生産量が落ちる春~夏を中心に生産しています。
ちなみに、9~1月は北海道産でほぼ独占状態です。

食材名

タマネギ
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
有機推奨

タマネギは農薬の使用が多く、一部の地域では農薬の使用が少ない地域に比べて2倍程度使用しているため注意が必要です。
農薬使用と流通時期のデータを見比べると、夏~秋に収穫する地域で農薬の使用が多い傾向があるように思われます。
ただ、皮を剥いて食べることもあり農薬影響は「中」としました。
窒素残留はほとんどありません。

有機栽培を推奨するかは微妙なところですが、農薬の使用が多いことから有機栽培(オーガニック)を推奨するとしました。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
タマネギ18.42544都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
タマネギ/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年Tr
タマネギ/水さらし日本食品標準成分表(七訂) 2015年Tr
タマネギ/ゆで日本食品標準成分表(七訂) 2015年Tr
タマネギ/油炒め日本食品標準成分表(七訂) 2015年Tr
タマネギ東京都健康安全研究センター 2007年1
タマネギ国立医薬品食品衛生研究所 1989年0.2
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています