クサソテツ くさそてつ 草蘇鉄

クサソテツの概要

名前 クサソテツ
漢字 草蘇鉄
別名(例) 屈(コゴミ)
コゴメ

日本全国の水はけの良い場所に自生する「クラソテツ」の渦巻状に丸まった新芽を「屈(こごみ)」と呼び山菜として食べます。
群生していることが多いですが、成長が早いためその場所毎の収穫時期が限られます。

適度なヌメリがあり、山菜特有のクセが無いので使いやすい食材です。
コゴミの名前で売られていることが多いですが、最近はクサソテツの名前が使われることも増えてきています。

葉の色が綺麗な緑で姿が美しいことから観賞用としても人気があり、庭に植えたりします。

選び方のポイント

茎が太く、葉がしっかり巻かれているものの方が食感が良くなります。
茎の切断面が黒く変色しているものは収穫から時間が経っており、食べる際には黒い部分は切り取って捨ててしまいます。

食べ方・調理のポイント

ゴミや枯葉が付着していることがあるので、くるりと巻いている部分を含め良く洗います。
洗ったら、根元の黒い部分を切り落とします。

クサソテツは他の山菜と同様に天ぷらにすることが多いですが、茹でても美味しい野菜です。
茹でる場合は長時間の加熱は避け、少し硬いですが1分、長くても2分程度茹でるに留めます。
長時間茹でると柔らかくはなりますが、せっかくの風味が損なわれてしまいます。

アクが無いため新鮮なものは生でも食べられますが、お腹がゆるくなることがあるので少量に留めましょう。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 3日程度

穴の開いたポリ袋等に入れて冷蔵庫(野菜室)に保存します。

乾燥に弱いですが、保存する際は洗ったり湿らせたりしないようにしましょう。
また、軽く茹でてから冷凍庫で保存した方が味が残ります。

クサソテツの旬

温かい地域では3月から、東北地方や高冷地では6月まで収穫できます。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
クサソテツ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

クサソテツの栄養

クサソテツはビタミンに優れ、特にビタミンKと葉酸が多く含まれています。
また、不溶性の食物繊維や、ミネラルでは銅が多く含まれています。

それ程多く食べる野菜ではありませんが、少ない量でも十分な栄養の摂取が期待できます。

表示条件

食材名

クサソテツ/生

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

クサソテツの産地

クサソテツは天然物と栽培物が同程度となっています。
ただ、同じシダ植物のゼンマイやワラビに比べて少ないのが実情です。

食材を選択

  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

クサソテツの流通量の半分は天然物であり、天然物は農薬等の心配はありません。
データはありませんが、栽培物も新芽を食用とすることから影響は少ないと考えられます。

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
クサソテツ/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年Tr
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています