セリ せり 芹

セリの概要

名前 セリ
漢字
別名(例) 白根草(シロネグサ)
川菜草(カワナグサ)

セリは全国の湿地等に自生しており、春先の若い茎葉を食べる香味野菜です。
葉・茎・根の全てを食べられます。

春の七草に数えられており、香りが爽やで柔らかくシャキっとした歯触りがします。
ハーブに位置付けられていますが、香りの良い野菜として美味しく食べられます。

セリは栽培されたものが多く流通していますが、天然物も「野ゼリ」や「田ゼリ」と呼ばれわずかに流通します。
天然物は栽培されたものに比べて香りが強く、アクがあります。

セリはミツバと間違えられることがありますが、ミツバはアブラナ科の植物で葉が3枚、セリはセリ科の植物で葉が5枚なので区別できます。

選び方のポイント

茎が太すぎない、根付きのものを選びます。
根つきの方が保ちが良くなります。

食べ方・調理のポイント

セリは長時間加熱すると柔らかくなりすぎてしまいます。
根を5秒、葉と茎は10秒程度茹でるに留め、火が通りすぎないように冷水で冷やします。
天然物は栽培物に比べてアクが強いので、暫く冷水にさらしたままにしてアクを抜きます。

肉の臭み消しとして鍋物に使うことが多く、その場合も火が通り過ぎないうちに食べます。
秋田県の「きりたんぽ鍋」に欠かせない定番素材となっています。

保存のポイント

保存場所 冷蔵庫(野菜室)
保存日数(目安) 4日程度

水を含ませたポリ袋等に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫(野菜室)に立てて保存します。

七草粥(ななくさがゆ)

昔から日本では万病を防ぐとして「人日の節句」である1月7日に「七草粥」を食べる習慣があります。

しかし、人日の節句は本来は旧暦の1月7日であり、新暦(現代)では2月15日になります。
このため、現代の食べ方では天然物を含めて考えれば旬から外れているものがあります。

春の七草は以下の通りです。
左側が昔の呼び方で、右側が現在の呼び方です。

  • 御形(ゴギョウ) / 母子草(ハハコグサ)
  • 蘿蔔・清白(スズシロ) / 大根(ダイコン)
  • 菘(スズナ) / 蕪(カブ)
  • 芹(セリ)
  • 薺(ナズナ) / ペンペン草
  • 繁縷(ハコベラ) / 蘩蔞(ハコベ)
  • 仏の座(ホトケノザ) / 小鬼田平子(コオニタビラコ)

なお、単純に「七草」と呼ぶと「秋の七草」を意味し、観賞用として昔から短歌や俳句で用いられてきました。

セリの旬

天然物のセリの旬は2~4月です。
セリは春の七草に数えられていますが、新暦で祝う現代では旬から外れていることになります。

露地栽培されたものはもっと早くから収穫でき、10月頃から流通しはじめ、春の七草に合わせた1月が最も多くなります。
施設栽培(水耕栽培)されたものは通年で流通しています。

食材1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
セリ/露地栽培
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セリ/天然
 
 
 
 
 
 
 
 
 

セリの栄養

セリは非常に多くのビタミンKを含んでおり、ミネラルもマンガンを多く含みます、
特に、マンガンは量を食べられる野菜としては野菜の中で上位に入ります。

表示条件

食材を選択

年齢

性別

可食部重量(g)

重さの種類

  • 一定の比率・計算式等で生成した値を含む
  • 食材名は出典から変更している場合があります
目標量
生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。
推奨量
ほとんどの人が充足している量。
目安量
十分な科学的根拠が得られず、推定平均必要量と推奨量が設定できない場合に設定した値。
一定の栄養状態を維持するのに十分な量であり、目安量以上を摂取している場合は不足のリスクはほとんどない。
推定平均必要量
半数の人が必要量を満たす量。
本サイトでは未使用。
耐容上限量
健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限。
-(ハイフン)
未測定。
0(ゼロ)
食品成分表の最小記載量の1/10(ヨウ素、セレン、クロム及びモリブデンにあっては3/10、ビオチンにあっては4/10。以下同じ)未満又は検出されなかったことを示す。
食塩相当量の0は算出値が最小記載量(0.1g)の5/10未満であることを示す。
Tr(微量、トレース)
最小記載量の1/10以上含まれているが5/10未満であることを示す。
( )カッコつきの数字
諸外国の食品成分表の収載値や原材料配合割合レシピ等を基に推計した場合を示す。

出典:日本人の食事摂取基準 2015年

セリの産地

露地栽培は宮城県と茨城県の生産量が多く、施設栽培は大分県の生産量が多くなっています。
「きりたんぽ鍋」で良く使われるためか、秋田県も上位に入っています。

食材を選択

  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 出典で「…」「×」「不明」「nc」「-」「---」等とされているものは0(ゼロ)と表示しています

農薬・窒素成分の影響

農薬影響
窒素影響
有機栽培
(オーガニック)
を推奨するか
不要

セリは農薬の使用がとても少ない野菜です。
窒素肥料の使用が多いように見えますが、通年の値であるため実際にはそれ程でもありません。
窒素残留は古いデータでは少し多めですが、最新の日本食品標準成分表では未検出であるため窒素影響は「小」としました。

農薬・窒素成分の使用量(慣行レベル)

食材化学合成農薬
平均成分回数
化学肥料
平均窒素成分
(kg/10a)
集計範囲
セリ4.434.87都道府県
  • 季節や作型等の値を平均しています
  • 食材名は出典から変更している場合があります
成分回数
化学合成農薬の成分毎の回数。(例:除草剤1種・殺虫剤2種を散布⇒成分回数3回)

窒素成分の残留値

体重(kg)

食材出典窒素残留
(mg/100g)
窒素許容量
(mg/日)
食材許容量
(g/日)
セリ/生日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
セリ/ゆで日本食品標準成分表(七訂) 2015年0
セリ国立医薬品食品衛生研究所 1989年50
  • WHOが定める1日の許容摂取量(ADI)は体重1㎏に対して3.7mg
  • 日本食品標準成分表の0は10mg/100g未満を意味します
  • 日本食品標準成分表のTrや(Tr)は10~50mg/100gを意味し、最大値の50mg/100gとして計算しています
  • 窒素残留は単位をmg/100gに統一しているため出典と値が異なる場合があります
  • 食材名は出典から変更している場合があります
  • 葉物は茹でる等で最大で半分程度に低減できると言われています